TOP > 賃貸管理会社・賃貸仲介会社のためのメールマガジン バックナンバー > NO.323 「不動産会社の歩合給制度は危険!これからの人事制度」

賃貸管理会社・賃貸仲介会社のためのメールマガジン バックナンバー

NO.323 「不動産会社の歩合給制度は危険!これからの人事制度」

こんにちは!
賃貸仲介・管理業界に特化し、採用や評価制度のマネジメント分野のコンサルティングをしています宮花です。

不動産業界では歩合給を取り入れている会社様も多いと思います。
しかし、歩合給制度に依存するのは今後の時代においては危険です!


世間では有効求人倍率の上昇からわかるように人手不足の時代です。
この状況下で意識しなければいけないは『自社の離職率』です。
要は、人を採れない時代だからこそ辞めさせないことを意識するということです。


不動産業界の特徴として、賃金水準は全業界においてトップクラスであるにも関わらず、
離職率が全業界の平均より高い結果がデータとして表れています。

なぜ、給与は高いのに辞めてしまう状況が発生するのでしょうか?


その一つの要因に、『歩合給制度』があると言えます。
もちろん歩合給制度にもメリットはありますが、依存すると離職を招く危険な要素となります。

大抵の不動産会社では、売上の○%を歩合給として基本給に加えて支給する形態を取っています。
歩合給は、本人の成果に対して支給額を決定する成果給ですが、営業社員への視点は常に月の売上にあります。

つまり、歩合給に拘るあまり目先(短期)の結果を追い求めてしまうのです。


1年後、3年後といった中期的なビジョンや目標を持たないため仕事へのモチベーションが持続しません。


【これからの人事制度】


では、これからの時代においてどのような制度が必要か?

それは、社員一人ひとりが中長期的に働くイメージが持てる制度です。
中長期的に働くイメージを持つ制度にするためには、

・役職のステップアップと昇格基準が明確である
・等級制度と等級に応じて固定給が上昇する

といった社員が理解する制度が必要です。

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

賃貸管理会社業績アップ勉強会 賃貸管理ビジネス研究会ご案内

賃貸管理会社業績アップ勉強会 賃貸管理ビジネス研究会

この研究会は、全国でもトップクラスの賃貸仲介・管理会社を目指す事を目的として、頑張っている参加者企業同士の皆様にて、お互いの最新成功事例を共有しあいながら、また業界の最新時流を学びながら、今後さらに組織を活性化し、生産性を高めていって頂ける場づくりとして考えております。

>>詳細・お試し参加のお申し込みはこちら


担当コンサルタント

宮花 宙希
人財マネジメントチーム
経営コンサルタント
船井総合研究所に入社後、賃貸仲介管理ビジネス・通販ビジネス・自動車販売店のコンサルティングを手がけ、様々な規模の企業支援に携わる。現在は賃貸管理ビジネスコンサルティングチームにて、主に人財分野を担当。人材採用コンサルティング、社員育成のための研修、人を育てる評価制度構築支援などを手がけ、総合的なマネジメント強化を得意としている。

このコンサルタントに無料経営相談を申し込む

 賃貸管理会社・賃貸仲介会社のためのメールマガジン バックナンバー
コンサルティングメニュー 一覧
賃貸仲介業績アップ 賃貸管理業績アップ
売買仲介業績アップ 0賃金導入支援
資産管理部門立上支援 講演依頼
オーナー通信代行